冨士屋製菓 有限会社

明治19年創業“いも飴一筋”100余年の変わらない製法から生み出される無添加でおいしいからいも飴をお届けいたします|冨士屋製菓 有限会社

ねり飴レシピトップ

rss

HOME»  冨士屋あめのレシピ集

商品カテゴリ

コンテンツ

冨士屋あめブログ

メニューリスト

 使用するねり飴ごとに、レシピを掲載。
 画像をクリックすると詳しい内容にジャンプします。
 

メニューリスト
 いも練り            こめ練り
  大学いも                            ババロア
大学いもババロアねり飴ジュレ添え
 
 麦芽練り OR こめ練り

  生チョコ
ねり飴生チョコ

 
 こめ練り&芋練り
 わらび餅・プリン・フレンチトースト・フロランタン
ねり飴わらび餅 ねり飴プリン
フレンチトーストアイス添えフロランタン
 
  ねり飴アイスねり飴アイス

  麦芽糖レシピ
  おつまみナッツ・マスタードドレッシング・人参ラペ・おあげ巻き・はりはり漬け・白和え
おつまみナッツマスタードドレッシング人参ラペ
おあげまき割り干し大根のはりはり漬け白和え


メニューリスト
 

大学いも

大学いも

 
 下準備……
    ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 
  《材料》
  さつま芋 1本
  しょうゆ(濃口) 大さじ1/2 
  ねり飴(芋) 大さじ2

  サラダ油 揚げる用
     黒ゴマ  適量


 


作り方》
  1.さつま芋(1本)を食べやすい大きさに切ります。
  2.1.のさつま芋を油で揚げます。
   竹串が通り、濃いめのキツネ色になったら油を切ってパットにあげておきます。
   (やけどにご注意ください)

  3.しょうゆ(大1/2)とねり飴(芋大2)を混ぜ合わせます。
 
  4.揚げた芋に3.のたれを絡めて完成です。
   (お好みで黒ゴマなどをふりかけると、見た目も味もさらにアップ!)
 
 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様

 

 作り方1.で、さつま芋を皮つきのまま切ってもおいしいです!
 タレに芋ねり飴を使うことにより、水分が芋に入りにくくなる為、
 芋本来のほくほく食感が残り、おいしく仕上がります。

 

ねり飴生チョコ

生チョコ



 
 下準備……
 ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 
 《材料》
  板チョコ(ビター)  50g×4枚  200グラム
  バター        20グラム
  牛乳         大さじ3
  ねり飴(麦or米)   大さじ1

  ココアパウダー   少々  

 




 《作り方》
  1.バター(20グラム)を室温に戻しておきます。

  2.チョコレート(200グラム)を細かく刻み、ボウルに1.のバターと一緒に入れ、
      電子レンジで約30秒温めます。       
       バターが溶けていない場合は、10秒ずつ追加して様子を見ます。

  3.2.に牛乳(大さじ3)とねり飴(大さじ1)を加え、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜます。

  4.ラップなどを敷いたパットに入れ、1時間から2時間半ほど冷蔵庫で冷やし、    
       出来上がったらチョコを取り出して切ったのち、ココアパウダーを振れば完成です。
 
 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様

 

 バレンタインにおすすめ!
 ちょっぴりビターな味わいと、ねり飴の後味がマッチ。
 一味変わったチョコレートをお楽しみいただけます。

ババロア ねり飴ジュレソース添え

ババロア~ねり飴ジュレソース添え~

下準備……
 ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 《材料》
  〈ババロア〉
  卵黄              1個
  ねり飴(米)         50グラム
  牛乳             60cc
  ゼラチン           1.5グラム
  水               14cc  
  バニラエッセンス      適量
  生クリーム          60cc 

〈ねり飴ジュレソース〉
  ねり飴(米)         100グラム
  水               115cc
   アガー8(ゼリーの素)    12グラム

   好みのフルーツ(写真ではチェリー)



 《作り方》
 〈ババロア〉
  1.牛乳(60cc)を沸騰させます。
  2.ボウルに卵黄(1個)と、ねり飴(米 50グラム)を入れすり混ぜ、1.の沸騰した牛乳を加えます。
  3.2.を弱火で煮上げます。
  4.ゼラチン(1.5グラム)水(14cc)でゼラチンをもどし、3.に加え、裏ごしして粗熱を取って 
    バニラエッセンス(適量)を加えます。
    (火を通しすぎるとゼラチンが固まりにくくなるので注意!)
  5.生クリーム(60cc)を8分立てにして、同じくらい冷やしてから4.を合わせます。
    (8分立てとは、ハンドミキサーを持ち上げてツンとツノが立つ状態です)
  6.グラスに流し入れ、冷やします。

  〈ジュレソース〉
  1.鍋に水(115cc)ねり飴(米 100グラム)を入れ、アガー(12グラム)を加え、軽く沸かします。
  2.パットに入れ、冷蔵庫などで冷やし固めます。
  3.固まったら、1cm角に切ります。

 盛りつけ
  グラスに入れたババロアの上に、1cm角に切ったジュレソースをかけ、お好みのフルーツを盛ります。
   (写真の場合は、チェリーとミントの葉)


 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様

 
 アガーとは、製菓用寒天のことで、「ゼリーの素」という名前でも売られています。
 どうしても手に入らない場合は、一応ゼラチンでも代用可能かと思われますが、
 固まる時間や温度などに違いがあるので、ご注意ください。
 
 
 アガー  ……90℃以上で溶け、常温でも固まる。
 ゼラチン ……50~60℃で溶け、冷蔵して固める。
           (火を通しすぎると、固まりにくくなる)
 

 

わらび餅 ねり飴蜜ときな粉

わらびもち


 
 下準備……
 ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 
 《材料》
  わらび餅粉     50グラム
  ねり飴(米)     50グラム
  水           300グラム
  
   ねり飴蜜(芋)
  水          10グラム
  ねり飴(芋)     80グラム 
  熱湯         20グラム 
  
     きな粉        お好みで

 

 《作り方》
  1.ボウルにわらび餅を冷やすための氷水を用意しておきます。

  2.鍋にわらび餅粉(50グラム)とねり飴(米 50グラム)を入れ、水(300グラム)を加えてよくかき混ぜます。

  3.2.の鍋を強火にかけ、しゃもじでゆっくりとかき混ぜます。
   2~3分ほど過ぎると、のり状の小さな固まりが出来始めます。この固まりが急に増え始めたら、
   火を中火に落とし、さらに手早くかき混ぜます。しばらくかき混ぜ続け、
   のり状の固まりが「乳白色」から「粘り強い水飴状」になれば完成です。
  
    4.「粘り強い水飴状」になったわらび餅を、スプーンで適当な大きさにすくいとり、
   1.で作っておいたボウルに落とします。
  5.十分に冷えたら水切りをし、きな粉やねり飴蜜を掛けてお召し上がりください。
 
 ねり飴蜜
  小鍋に(10グラム)と湯せんしたねり飴(芋 80グラム)を煮詰め、
  熱湯(20グラム)を入れてカラメルを作ります。
 

 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様


 和のぷるぷる食感デザート!
 ねり飴蜜は、プリンのカラメルとしても使えます。
 わらび餅は日持ちしないので、お早目にお召し上がりください。
 

ねり飴プリン

ねり飴プリン

下準備……
 ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 《材料》
  
 <プリン液>
  牛乳           200ml
  バニラエッセンス    少々
  卵黄            1個
  全卵             1個
  ねり飴(米)       50グラム

   <カラメル>
  水           10グラム
  ねり飴(芋)      80グラム
     熱湯          20グラム 

  
 

《作り方》

  小鍋に(10グラム)と湯せんしたねり飴(芋 80グラム)を煮詰め、
  熱湯(20グラム)を入れてカラメルを作ります。
  このカラメルを、プリンの型(耐熱性のもの)にいれておきます。


  1.ボウルに全卵卵黄(各1個)をほぐし、り飴(米 50グラム)を入れ、
   あまり泡が立たないよう、切るように混ぜます。

  2.牛乳(200ml)を沸騰させます。
  
  3.1.と2.を混ぜ合わせ、バニラエッセンス(少々)を加えて裏ごしします。
  
    4.カラメルを入れた型に3.のプリン液を流し入れ、湯せん、もしくはオーブンで蒸し焼きします。
   湯せんの場合  鍋などに型の8分目までお湯を入れ、弱火で約8分蒸す。
   オーブンの場合 耐熱容器に型の4分の1までお湯を入れ、170℃で約25分焼きます。
   

 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様

 
 ねり飴の甘さにより、ほんのりお芋の味がする優しい味わいのプリンが楽しめます。
 冷凍庫で凍らせて、冷凍プリンにしても、食感が変わっておいしいです!
 

フレンチトースト キャラメルソース添え

フレンチトースト ねり飴アイス添え


下準備……
 ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 《材料》
  
 〈フレンチトースト〉
  食パン          1枚
  卵              2個
  牛乳           150ml
  ねり飴(米)        大4                                                      
 〈キャラメルソース〉
  ねり飴(芋)       60グラム
  水             5グラム
  牛乳           10グラム
  





《作り方》
 〈フレンチトースト〉
  1.ボウルに卵(2個)を割り、ねり飴(米 大4)を入れてよく混ぜます。
  2.1.に牛乳(150ml)を入れ、混ぜます。

  3.パンを食べやすい大きさに切り、タッパーなどに敷いて、2.の卵液を流し込みます。
  4.一晩漬け込み、十分染み込んだら弱火で片面5分ずつ焼きます。

   〈キャラメルソース〉
  小鍋にねり飴(芋60グラム)と水(5グラム)を入れて煮詰め、牛乳(10グラム)を加えたら完成です。

 お皿にフレンチトーストを載せ、その上にアイスとキャラメルソースをかければ完成です。
 アイスの上にミントの葉を飾れば、さらにオシャレ!


 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様


 フレンチトーストの時短
  ★ レンジを使うと、卵液を素早く吸い込むので時短になります。
   一.深めの耐熱容器にパンを敷き、卵液を半分ほど流し込みます。
   二.そのままレンジで30秒~1分チン。
   三.パンをひっくり返して残った卵液を流し込み、もう一度レンジでチン。

   それをフライパンで焼けば完成!

 キャラメルソースはパンに塗ってもおいしいので、おすすめです。
 

 「アイス」は次の項目をご覧ください。

ねり飴アイス

 
下準備……ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。

 


《材料》
  全卵           2個
  ねり飴(米)       100グラム
  ねり飴(芋)        60グラム
  生クリーム       100グラム      
  バニラエッセンス     適量 
 

 
《作り方》

  〈アイスクリーム〉
  1.湯せん用のお湯を準備しておきます。
  2.全卵(2個)を溶きほぐし、ねり飴(芋60グラム・米100グラム)を入れ、低速ハンドミキサーでよく混ぜます。
  3.2.が混ざったら低速のまま1.のお湯で湯せんします。熱いお湯位になったら、湯せんから外し、
   ハンドミキサーを高速にし、モコッとするまで泡立てます。

  4.ボウルに氷水を準備し、生クリーム(100グラム)を冷やしながら角が立つまで混ぜ、バニラエッセンスを適量加えます。
  5.4.のクリームに3.を全て入れ、底からすくい上げるように、色むらが無くなるまでヘラで混ぜます。
 
  6.容器を移し、冷凍したら完成です。


 
 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様

 
 そのまま食べても、フレンチトーストに載せてもおいしいアイスクリーム。
 生クリームの「角が立つ状態」とは、泡立て器を持ち上げた部分のクリームが、
 ツンと立っている状態を指します。

フロランタン

フロランタン

下準備……
 ねり飴は使いやすいように湯せんしてください。
 《材料》
  
 〈クッキー生地〉
  薄力粉   200グラム   
  ねり飴(米) 100グラム
  バター    80グラム    
     卵黄      1個分
 
 〈
フロランタン〉
  牛乳 70cc  
  ねり飴(芋) 150グラム  
  バター 80グラム 
  アーモンドスライス  100グラム位

 

 


《作り方》
 〈クッキー生地〉
  1.バター(80グラム)を常温に戻しておきます。
 
  2.1.のバターにねり飴(米 100グラム)卵黄をすり混ぜます。
  3.薄力粉(200グラム)をふるい、2.を加えて切るように混ぜます。
  4.2.の生地を薄く伸ばし、1時間ほど冷やします。 
    
  5.ピケ(生地が浮き上がらないよう、何か所かにフォークなどを刺して穴を開けること)をし、
   オーブンを190℃予熱、170℃15分焼きます。
   焼いている間に、フロランタン部分を作ります。

  〈フロランタン〉
  1.鍋にアーモンド以外の材料(牛乳70cc・ねり飴(芋)150g・バター80g)を全て入れ、中火に掛けます。
   ふつふつしてきたら弱火にし、アーモンド(100グラム位)を加えます。
  2.そのまま弱火にし、少しトロンとするまで煮詰めます。
   (クッキー生地にのせてオーブンで焼くため、色が付かない程度で止めてください)
  
  3.クッキーが焼けたら、その上に2.を均等に乗せ、さらに15-18分ほど焼きます。
  4.焼き上がり、手で触れられる位の熱さになったら、好みの大きさに切り分けてください。
   (冷えてから切ると、ボロボロに崩れるおそれがあります)


 ********************  レシピ考案 atelier A 里之園亜希 様

 
 フロランタンは、焼き菓子なのでそこそこ日持ちが良く、
 常温でも保管できます。 
 ※ただしクッキー生地が湿気てしまうので、高温多湿の場所は避けてください。
  乾燥剤を入れ、可愛くラッピングすればプレゼントとしてもGOOD!

 今回フロランタンにのっているナッツは、アーモンドスライスですが、
 くるみやピーナッツ、カシューナッツなど、他のナッツ類でもおいしいです。
 その場合は刻んだり砕くと食べやすく、乾煎りすると香ばしさがアップするのでおすすめ!

 

おつまみナッツ

おつまみナッツ


 《材料》
  
 〈ナッツ〉
  カシューナッツ    50グラム   
  アーモンド      50グラム
  くるみ         50グラム    
 
 〈★A

  麦芽糖 大さじ3  
  水    大さじ3  
  塩    1グラム 
  



《作り方》
  1.〈ナッツ〉(カシューナッツ・アーモンド・くるみ 各50グラム)をロースト(乾煎り)しておく。
    フライパンの場合 油を敷かず、フライパンをゆすりながら弱火で5分ほど。
    オーブンの場合  150~160度のオーブンで10-15分焼く。焦げ付かないよう注意。

  2.鍋に★A(麦芽糖・水 大さじ3、塩1グラム)を入れて、沸騰させます。
  3.2.が沸騰したら、1.でローストしたナッツを加え、飴を全体に絡ませます。
  4.オーブンシートの上で冷まし、冷えたら食べやすい大きさにして、完成です。 
    


 ********************  レシピ監修 リマ クッキングスクール 様

  ナッツに「じゃこ」を加えたり、チーズやクラッカーに載せるなど、
  おつまみとしても、おやつとしても万能です!

 

マスタード ドレッシング

マスタードドレッシング


 《材料》 2人分

  麦芽糖       大さじ1  
  しょうゆ      大さじ1  
  マスタード     大さじ1
  
オリーブオイル  大さじ2









《作り方》
  1.すべての材料をボールに入れ、ホイッパー(泡立て器)でよく攪拌すれば完成です。
   お好みの野菜に掛けてお召し上がりください。

    


 ********************  レシピ監修 リマ クッキングスクール 様

  材料を全て混ぜるだけの簡単レシピ!
  いろんなお野菜にお試しください。

 

人参ラペ(キャロットサラダ)

人参ラペ


 《材料》
  
 人参 1本
 丸麦 大さじ2

〈★

 オリーブオイル 大さじ1 
 酢         大さじ1 
 麦芽糖      小さじ1
 レモン       小さじ1

 塩コショウ    少々



《作り方》
  1.人参(1本)をスライサーで千切りにし、ボウルに入れ、丸麦(大さじ2)を柔らかく茹でておきます。
  2.★の調味料(オリーブオイル・酢・麦芽糖・レモン)を全て混ぜ、
    1.のボウルに入れて人参に和えてから、茹でた丸麦も加えてさっくり混ぜます。
  3.最後に塩コショウで味を調えたら完成です。
  
  ※そのまま食べてもおいしいですが、一晩置くと更に味がしみて美味しくなります。


 ********************  レシピ監修 リマ クッキングスクール 様

 人参ラペはフランスの家庭料理です。
 そのまま食べても、サンドイッチの具としても、ワインのおつまみとしても使える常備菜。
 人参の色鮮やかなオレンジが食卓に彩りを添えます。
 冷蔵庫で1週間ほど保管可能です。
 
 

おあげ巻き(稲荷寿司)

おあげまき


 《材料》
  
 〈稲荷 2個分〉
  油揚げ    1枚   
  出汁     1/2カップ
  麦芽糖    大さじ1
  しょうゆ   大さじ1・1/2    
  小梅     2個

 〈★A

  玄米 160g~200g 
  白いりごま 大さじ1 
   飾り用   少々



《作り方》
  1.玄米ご飯を炊いておきます。

  2.鍋に油揚げ(1枚)を入れ、少し焦げ目がつく程度に乾煎りします。
  3.2.に出汁(1/2カップ)を加えて弱火にし、麦芽糖(大さじ1)も加えて5分ほど煮ます。
  4.3.にしょうゆ(大さじ1・1/2)を加えて、煮汁が少なくなるまで煮ます。
  5.油揚げが覚めたら、半分にカットし、破らないように開きます。
  
  6.1.の玄米ご飯に白いりごまを合わせ、半分にした油揚げに80~100グラムずつ詰めます。
  7.飾り用の白ごまを少々と小梅を載せれば、完成です。


 ********************  レシピ監修 リマ クッキングスクール 様

 玄米にはビタミンと食物繊維が豊富に含まれており、
 白米よりも硬いので、よく噛むようになり、少量でも満腹感を得やすい、という効果があります。
 
 さらに麦芽糖は砂糖(上白糖)よりローカロリーなので、おすすめです。
 
 

割干し大根のはりはり漬け

割り干し大根のはりはり漬け


 《材料》
  
 〈4人分〉
A 
  割干し大根  1袋(50グラム)   
  人参       1/2本
  刻み昆布   大さじ1
  唐辛子     1/2本    
B

  麦芽糖    小さじ1 
  醤油      大さじ1・1/2 
  酢       大さじ



《作り方》
  1.割干し大根(1袋)を水で戻し、柔らかくなったら3cm位にカットします。
  2.人参(1/2本)をマッチ棒サイズにカットし、少量の水(分量外)で蒸し煮にしておきます。

  3.Aの材料(カットした割干し大根・人参・刻み昆布・唐辛子)をボウルに入れます。
  4.Bの材料(麦芽糖・醤油・酢)を鍋に入れて中火に掛け、沸騰したら火を止めて熱いうちに3.のボウルに入れる。
  5.半日ほど漬けて、味をなじませたら完成です。
  
 
 ********************  レシピ監修 リマ クッキングスクール 様

 割干し大根とは、大根を縦四つ割りにして干した大根で、
 千切りにして干した切り干し大根より厚めです。
  
 はりはり漬とは、干した大根を酢や醤油などの調味料に漬け込んだものを指します。
 由来は大根を食べた時、「はりはり」という音がするからとされています。
 (今現在で言うと「パリパリ」)



 
 

白和え

白和え


 《材料》
  
 〈4人分〉
 
 小松菜    1輪
 人参     1/3本
 
干し椎茸  2枚
 昆布   10cm角2枚
  煮る用(水 1カップ(200cc)・醤油大さじ1)
 豆腐     1丁
 

A
 白練りごま 35グラム
 麦芽糖   大さじ2
 醤油     大さじ1


《作り方》
 
 
  1.干し椎茸(2枚)昆布(10㎝角2枚)を水につけて戻し、千切りにして、
   カップ1の水と醤油大さじ1で煮ます。
  2.人参(1/3本)をマッチ棒サイズにカットし、少量の水(分量外)で蒸し煮にしておきます。
  3.豆腐(1丁)を茹でてザル揚げしておきます。
   4. 小松菜を茹でて、醤油洗いし、小口きりにします。
    ※醤油洗いとは、茹でて水気を絞った小松菜に、小さじ半分程度の醤油を振り掛け、
     もう一度よく絞ることを言います。長く置いておくと色が変わるので注意!

 5.3.の茹で上げた豆腐をボウルに入れ、フォークで滑らかになるよう潰し混ぜます。
 6.5.に調味料A(白練りごま・麦芽糖・醤油)を入れ、豆腐になじませ、和え衣を作ります。
 7.1.の椎茸と昆布を入れ、2.の人参を入れて軽く和えます。
 8.最後に4.の小松菜を加えてさっくり混ぜたら完成です。

  
 
 ********************  レシピ監修 リマ クッキングスクール 様

 醤油洗いの意味 
  ギュッと絞っても残る野菜の水分。そこに少量の醤油を振り掛けることによって、
  軽く下味が付き、野菜の水分も出て水っぽさが無くなるので、和えた時に味がなじみやすくなります。