冨士屋製菓 有限会社

明治19年創業“いも飴一筋”100余年の変わらない製法から生み出される無添加でおいしいからいも飴をお届けいたします|冨士屋製菓 有限会社

商品カテゴリ

コンテンツ

冨士屋あめブログ

HOME»  冨士屋製菓の変わらないこだわり

冨士屋製菓の変わらないこだわり

原料へのこだわり

こがね千貫

 

こがね千貫

 

麦芽

 

麦芽

 

製法へのこだわり

平安時代から伝わる“麦芽製法”。
自然がつくる甘味は、今も昔も変わらない。


飴の歴史は古く、平安・鎌倉時代には一般に商品化され行商人の手で売られていました。
製法は今日のものとほとんど変わらず、江戸時代には「からいも飴」が一般に農家でつくられて消費され、唐人飴と呼ばれていました。
冨士屋のあめは、カライモのもつ天然の甘味から最大限にコクと風味を引き出します。添加物を使用せず、晒していないため色は浅黒いですが風味は自然のままです。天然麦芽の使用により消化がよく、また、疲労回復にも役立つと言われています。

※「からいも(唐芋)」とは、「サツマイモ」という意味の鹿児島弁です。

 

製法へのこだわり