冨士屋ブログ
 
冨士屋あめ
 
 冨士屋製菓(有)
  冨士屋あめ本舗


 鹿児島県大隅半島に位置する
 曽於郡大崎町より
 情報発信するブログです。
 
 住所 鹿児島県
 TEL 099-476-0067
 FAX 099-476-2130
 
  



 

ブログカテゴリ

 
  お知らせ
 
  商品案内
 
  おすすめ・ピックアップ
 
  イベント
 
  その他・雑記


   ねり飴レシピ
  


     カテゴリ一覧

 









 

商品カテゴリ

コンテンツ

冨士屋あめブログ

メール会員登録

 


 鹿児島県曽於郡(そおぐん)大崎町から、冨士屋製菓の商品情報やイベント参加についてお届けします。
 
 ※記事のタイトル部分グレー地の文章をクリックしていただくと、各記事のコメント記入欄に移ります。
   気になることや、記事に対するご感想がありましたら、コメント欄よりお願いします。

                       
       
      冨士屋製菓は創業130年            
HOME»  ブログ記事一覧»  その他・雑記

その他・雑記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2016年個人売上ランキング2 「キャンディ」

冨士屋製菓(有)です。

 全国的な大寒波など、寒い日が続きますが、体調などはいかがでしょうか。
 のどが乾燥していたり、痛みがあるときなどは、飴を舐めていると唾液が出るのどが潤い、
 少し痛みが和らぎます。気休め程度ではありますがお試しください。

 今回は、昨年の売上ランキング「キャンディ編」です。
 芋飴、黒糖などを抜き、キャンディのみ集計しました。

 2016年キャンディ売上ランキング

 
1位 桜島小みかんキャンディ 

2位 甑島海洋深層水塩飴 

3位 恋するレモンキャンディー

4位 大人のしょうが飴 

5位 デコポンキャンディ 

6位 いろどりニッキ玉 

7位 ジャンボ玉 

8位 べにふうきのど飴 

9位 たまたまのど飴 

10位 桜島大根のど飴 

 ※同一商品の内容量違いは全て統一した計算となっております。

 1位の小みかんキャンディは、実際のランキングだと、
 1位 50g小みかん ・4位 80g小みかん 9位 130g小みかん となり、10位内に3種も入っております。 
 桜島名産の小みかんを使っておりますので、鹿児島・桜島のお土産として人気の高い商品です。

 3位のレモンキャンディ―は比較的新しい商品ですが、
 レモンちゃんとシュガーくんの可愛いパッケージと、控えめな甘酸っぱさがおススメの商品です。
 実は隠れたところに仕掛けが施されていて、見て楽しい、食べて美味しい一品となっております。

 4位大人のしょうが飴・9位たまたまのど飴・10位桜島大根のど飴は、
 冬季になると人気が上がる商品です。
 中でもたまたまのど飴は期間限定。9月~3月までとなっておりますので、ご注意ください。
 
 5位のデコポンキャンディは、くまもんのパッケージが入った一品。
 味もご好評いただいており、「デコポン味」というちょっと変わった部分に興味を惹かれるお客様も多いようです。
 
 6位7位はどちらもニッキ玉。
 畑仕事やドライブのお供として愛用されている方が多い商品です。
 6位「いろどりニッキ」は色ごとに味の付いた商品。
 7位「ジャンボ玉」は大きいサイズのニッキ玉(味はすべて同じ)です。

 ランキングの下線が入った商品部分をクリックして頂きますと、該当商品の詳細ページに移動します。
 興味のある商品がありましたら、ぜひ商品ページもご確認ください。
 

 

2017-02-14 16:51:24

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

2016年個人売上ランキング

冨士屋製菓(有)です。

 2017年になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。
 今回は昨年1月~12月までの間、弊社から販売された商品の中で、
 個人のお客様(お店などへの卸売は除きます)のランキングを発表いたします。

 ご購入の際の参考、気になる商品の人気確認などにご利用ください。
2016年個人販売ランキング

1位 食べ切りいも飴

2位 さとうきび飴有平糖

3位 100g 半生造りからいも飴

4位 500g 芋ねり飴

5位 50g桜島小みかんキャンディ

6位 130gからいも飴

7位 AMAMI加工黒砂糖

8位 甑島海洋深層水塩飴

9位 130g黒砂糖飴

10位 食べ切り黒糖飴

 商品名をクリックしていただきますと、該当ページにジャンプします。
 気になる商品がありましたらぜひ、ご覧ください。

 定番のからいも飴が1・3・6位にランクイン。
 3位の「半生造りからいも飴」は、昨年4月にリニューアルし、小粒になりました。
 本ランキングでは、リニューアル前の分を除いて計上しておりますが、
 リニューアル前のものを加えて再計算すると、有平糖を超え、半生造りからいも飴が2位になります。
 
 キャンディからは「50g小みかんキャンディ」「こしき島海洋深層水塩飴」がランクイン。
 小みかんは、桜島名産として、お土産としても人気の商品です。
 塩飴は夏場の塩分補給として大人気の商品で、運動会シーズンなどは保育園でも食べられている一品です。
 そのため、小さいお子さんがご家族と一緒に買いに来られることも多いです。
 
 2位の有平糖、7位の黒糖、9・10位の黒砂糖飴は、黒砂糖カテゴリーの商品。
 特に有平糖は老若男女に人気の商品。その時々で変わる独特な食感と不思議な味わいがあり、
 言葉では言い表せない美味しさが魅力です。
 近頃白砂糖の代わりに黒砂糖を使う、という方も増えてきているということで、
 癖のある味わいと、やや控えめに感じる甘さが特徴の黒砂糖・黒砂糖飴もじわじわ人気を集めています。

 どれも全て弊社自慢の製品です。
 興味のある商品がありましたらぜひ、食べてみてください。
 
 


  


 
 

 

2017-01-12 08:30:05

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

麦芽糖のちょい足し

冨士屋製菓(有)です。

 11月も半ばを迎えました。
 最近、イベントごとが多く、弊社も色々な場所であめの販売を行う機会が多くなってきました。
 一番の目玉は「あめの量り売り」や「掴み取り」「詰め放題」などですが、
 既発売商品・新商品のお目見えも重要なポイントです。
 弊社の商品を手に取っていただき、見て、食べていただくことが大切だと思っております。
 
 そんな中、麦芽糖の使い方について、よく聞かれることが多くなってきました。
 弊社ホームページでは使い方のレシピページが、販売会ではレシピの配布なども行っておりますが、
 今回は、「レシピに載せるほどでもない食べ方」をいくつかご紹介させて頂きます。

 お餅+麦芽糖(+醤油)                   もちつき
  
  お正月になるにつれ、食べる機会が多くなるお餅。
  きな粉をまぶしたり、砂糖醤油を掛けたり、様々な食べ方があるかと思いますが、
  麦芽糖に少し醤油を垂らし、つけて食べるとみたらし団子風のタレが簡単にできます。
  ヨモギ餅に芋ねり飴を掛けるという地方も多いそうですが、麦芽糖ならよりお手軽に使えて便利です。

 あくまき+麦芽糖+きな粉                 
 
  鹿児島では、あくまきに芋ねり飴を掛けて食べる習慣があります。
  あく巻単体では食べにくいという方にもおすすめです。
  麦芽糖が黒蜜のような味わいになり、きな粉の香ばしさも合わせて美味しくいただけます。
  気持ちたっぷり目に掛けて食べるとGOOD!

 パン+チーズ+麦芽糖                  
 
  意外な組み合わせですが、チーズの塩気と麦芽糖の甘さがマッチします。
  パンにチーズをのせて焼き、その上から麦芽糖を掛けるだけです。
  しかし、垂れやすいので、食べる際にはご注意ください。

  塩気のあるものとの相性が意外とある麦芽糖。
  ぜひぜひいろんな食べ方を試してみてください。
 eat


 



















 

2016-11-16 09:02:09

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

冨士屋あめ 名前の由来

冨士屋製菓(有)です。
 
 創業130年目となる今年。
 よくお客様や工場見学の生徒さんに
 「冨士屋あめって、なんで”冨士屋あめ”という名前なんですか」と聞かれることが多くあります。
 
 藤吉からいも飴

 冨士屋あめの由来と致しまして、これは初代「小野藤吉」の名前から来ています。
 上記は、初代の名前を冠した商品「藤吉(とうきち)からいも飴」という商品です。
 藤吉の「藤(ふじ)」がふじやあめの由来というわけです。

 当初は「藤吉」をなぞらえて「藤屋製菓」にしよう、という話もあったそうですが、
 藤の花 
 藤の花は下に垂れ下がって咲いているので、「下向きに伸びているようだ」となり、
 次に「日本一の富士山」になぞらえて「士屋製菓」になり、
 更に「上に点があると、成長が抑えられそうだ」ということで、
 最終的に富の上にある点を外して「冨士屋製菓」となりました。

 少し分かり辛いですが、弊社の社名は
 うかんむりの「富」ではなく、わかんむりの「冨」で「冨士屋製菓」というわけです。
 
 また、合わせて質問されることが多いのですが、
 「”冨士屋あめ”なのか、”冨士屋製菓”なのか」という点について、
 商品パッケージではどちらも名乗っている場合が多く、お好きなように呼んでいただいても構いません。
 お電話を頂いた際や、本ブログ記事では、「冨士屋製菓」と名乗っております。
 
 ちなみに県内のお客様からは、CM効果もあって圧倒的に「冨士屋あめ」が優勢。
 「冨士屋製菓」と名乗ると、通じないことさえあるほどです。
 
.。o○
 「からいも飴はやっぱい?」
 「冨士屋あめでーす!」

 鹿児島にゆかりのあるアーティストさん、ライブなどで、
 弊社CMの言葉を掛け声として使っていただいている、というお話をうかがいます。
 大変嬉しいです。誠に有難うございます。

 弊社では工場見学に来られた生徒さんに、この掛け声をお願いすることがありますが、
 元気いっぱいの声が響き渡る様は圧巻です。
 県外にいても、この言葉で鹿児島県民かどうかが分かるのだとか。
 
 
 




 

2016-10-13 09:12:17

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

あめ食い競争の話

冨士屋製菓(有)です。
 
 9月~10月といえば、運動会シーズンですね。
 運動会
 
 運動会と言えば、それぞれの学校ごとに特色あるイベントがあるかと思います。
 そんな中、昨今減少しつつある「あめ食い競争」
 
 ちなみに、あめ食い競争とは、
 「粉の中から、口だけで隠れたあめを探し出す競争」です。
 
 鹿児島では中に隠す飴に「からいも飴」を使う場所も多いそうで、
 粉は小麦粉や片栗粉、はったい粉など地域によってさまざまです。

 小麦粉や片栗粉には馴染みがありますが、
 「はったい粉」というと、今いちピンとこないという方も多いのではないでしょうか。
 
 このはったい粉というものは、茶灰っぽい色の粉で、弊社のからいも飴にまぶしてあるものでもあります。
 別名「麦炒粉」・「麦焦がし」などとも呼ばれ、香ばしい香りが特徴です。
 
 「あめ食い競争の粉が、小麦粉でも片栗粉でもない、茶色っぽい粉だった」という方は、
 このはったい粉だったのかもしれません。

 残念ながら弊社では販売しておりませんが、お店やホームページで販売されていることがあります。

 160gいも飴 
  ↑の商品には、比較的多めにはったい粉(麦炒粉)が含まれています。
    鹿児島県外での販売はめったにありませんが、県内ではスーパーなどで販売されていることがあります。
    お見かけの際はどうぞよろしくお願い致します。

.。o○
 あめ食い競争が減った理由。
  昨今小麦アレルギーの子が多くなってきたことや、飴をのどに詰まらせる危険性、
  粉で汚れた顔を洗うのに手間取る、といった理由があるそうです。
  
  粉が口に入って苦しい、というのもあります。
 
 しかし、たまにお客様から、からいも飴をお召し上がりいただいて
 「あめ食い競争で食べた飴だ!」と言っていただけることもあり、
 思い出のあめになっていることもあるようでした。 













 



 

2016-09-27 14:55:57

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

個包装飴のオブラートの話

冨士屋製菓(有)です。
 
 
夏バテにはご注意ください

 鹿児島では、35度を超える日々が続き、
 うだるような暑さが続いています。

 本年8/22には鹿児島県の観測史上最高の37.4度を記録。
 連日「猛暑日(35度以上)」です。
 
 これほど暑いと飴が溶けてしまいやすく、いも飴などは溶けて固まって、
 一枚板のようになってしまうことも少なくありません。
 
 「個包装」のいも飴などには、オブラートが付いていて、
 一個一個包まれていることもあり、食べやすいのですが、
 昨今この「オブラート」に馴染みが無い方が、案外多くなってきているようです。
 
 「フィルムがあめにがっちり張り付いていて取れない」
 「暑すぎて、外のフィルムが溶けてしまった」
 というように、溶けた飴に貼りつくオブラートを見て、「フィルムを噛みこんでいる → もう食べられなくなってしまった」と
 思われてしまう方も多くいらっしゃいますが、オブラートは食用ですので、問題なくお召し上がりいただけます。
 
 このオブラートは何の為にあるのか、と言いますと、
 弊社商品は保存料を使用しておらず、
 また、オブラートで包まれている商品は若干柔らかめな仕上がりになっているため、
 ちょっとしたことで溶けやすく、そのまま包むと包み紙にへばりついて非常に食べにくいこともあり、
 それを防ぐ役割として、使用しております。
 
 なので「オブラートは好きじゃない」といった場合は、
 剥がしてお召し上がりいただいても問題ありません。
 
 出来立てだったり、製造から日が立っていない商品や、
 気温が低い状態にあった商品は、比較的オブラートが剥がしやすいです。
 いも飴なら、外から見て飴が白っぽい(粉の色)ものが可能性高め

 反面いも飴なら、外から見て茶色が色濃く出ていたりすると、オブラートが剥がしにくい状態にあります。
 しかし、この状態のいも飴は、元から柔らかいことが多いです。
 そのため、そのまま食べてもすぐ溶けるので、オブラートはそれほど気になりません。

 お店で弊社商品をご覧になる際は、そういった面もぜひ、ご確認ください。
 
 半生いも(小粒) 


 
 





 



 

2016-08-24 15:16:29

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

ふるさと納税 生産者特集ページ記載

冨士屋製菓(有)です。

 人口1万3千超の小さな町、大崎町。

 ふるさと納税で全国4位(ふるさとチョイス様調べ)に輝くなど、
 グッと脚光を浴びつつあるこの町に、冨士屋製菓(有)はあります。

 今回ふるさとチョイス様にて、この大崎町における各生産者のコメントが掲載され、弊社も特集されました。
   
  ふるさと納税 生産者特集ページ

 それぞれこだわり、歴史や文化、おすすめなどが記載されていて、
 謝礼品を選ぶときなどに良いポイントになると思います。ぜひご覧ください。

 大崎町のふるさと納税は、ポイント制です。
 1万円で25ポイント。
 弊社は最少5ポイントの商品が5種類あって、
 中でも今の時期におすすめなのは、塩飴3種類を1セットにした「S604 冨士屋の塩飴セット」です。
 
 圧倒的人気のウナギとマンゴー以外にも、
 おやつにオススメな焼き芋や各種デザート、鹿児島ならではの黒豚、芋焼酎。
 美味しいものが盛り沢山ですので、機会がありましたらぜひ大崎へ!
  
  ふるさと納税 大崎町出身者でなくても「ふるさと納税」は行えます。詳しくは こちら をご確認ください。


 

2016-08-18 15:34:59

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

鹿児島弁の話

冨士屋製菓(有)です。
 
 「♪んだもこーら いーけなもんな」
 
 これは鹿児島で有名な「茶わんむしの歌」の歌い始めです。
 何と言っているのか分かりますか?
 
 これを標準語にすると
 「 んだもこーら    あらまぁ!
   いーけなもんな  どうしたことでしょう」 というような意味になります。
 
 昔は暗号として使われていた、という話があるほど、難解な鹿児島弁。
 下記の言葉はどういったものか、おわかりいただけますでしょうか。
 
 
 ①じゃっど
 
 ②なこよか ひっとべ

 ③よかにせ
 
 ④しょちゅ

番外編
 ★いっちゃべ  
★これはある特定の時、反射的に出る言葉で、意味はありません。
               いつ使われるものか、お考えください。


                  鹿児島

 


 

2016-08-04 09:55:53

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

溶けた飴は食べられる?

冨士屋製菓(有)です。
 
 蒸し暑い日々が続きます。
 こちら鹿児島では突然雷やゲリラ豪雨が降ってみたりと、まだまだ梅雨明けは遠そうですが、
 関東地方では雨が降らず、水不足が心配されている地域もあるとのことで、
 熱中症・脱水症状には十分お気を付け下さい。

 ところで、気温が高くなり暑くなってきますと、飴も溶けやすくなります。
 特に外袋を開封すると、あっという間に溶けて、個包装紙にべったり引っ付いているなんてことも多いです。
 
 溶けた飴


 「溶けた飴を食べても良いの?」
 「食べられるの?」という質問をお受けすることも多くありますので、今回はそのご質問にお答えいたします。

 まず、賞味期限内で・個包装に包まれた状態であれば
 溶けた飴を食べても、品質的には問題ありません。
 
 しかし、溶けた飴にはデメリットがあり、
 ベタベタと張り付いて、場合によっては服や手を汚してしまったり、
 無理に食べると、まれに歯の詰め物などが取れるという危険性があります。
 
 こういった場合個包装を開ける前に、冷蔵庫などで冷やし固めていただくと、
 元の形には戻りませんが、袋から剥がしやすくなり、べたつきも無くなります。

 袋や服等にべったりついてしまった場合は、
 熱湯を掛けたり、浸しておくと取れやすくなります。
 (やけどには十分お気を付け下さい)
 

 .。o○
 なぜ飴が溶けてしまうのか?

  飴は高温多湿に弱く、外袋を開封した時点で非常に溶けやすくなります。
  
  「常温で保存と書いてあるのに溶けるの?」
  と思われるかもしれませんが、実は常温とは25度位までを指します。
  
  また、空気中の湿気により、水分を吸った飴が湿気て表面が溶けてしまうため、
  特にこの高温で湿度が高い梅雨時期は、なお溶けやすいのです。


  飴の溶け予防としましては、

   冷蔵庫などで保管していただくことか
   密閉して直射日光が当たらない、冷暗所(戸棚の中など)に保管していただくなどをおすすめ致します。
  
 夏バテにはご注意ください
 
 

2016-07-13 09:11:31

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

非表示・販売停止中の商品 2016年5月現在

冨士屋製菓(有)です。
  
 5月も半ばとなりました。冨士屋製菓(有)は5月から新年度です。
 生活・環境・人などなど、色々なものが変化していく今日この頃。
 
 「あれ?前あった〇〇がない」
 「〇〇飴は冨士屋製菓じゃなかったっけ?」
 といった商品はございませんでしょうか。
 
 今回はあらゆる理由で一時的に販売停止・もしくはネットショップ非表示中の商品を
 理由と共にご紹介いたします。
 
 終売商品 
  下記の商品はすでに製造終了した商品です。
  
           【薩摩黒づくし】         【八重山加工黒糖】
  
黒づくし 


 現在在庫もありませんので、弊社店舗での購入も出来ません。ご了承ください。

 販売停止中
  ・事情により、現在販売出来ない商品。
  ・資材不足・在庫が少ない為、ほぼ特注状態の商品。
  ・終売・変更予定の為、製造をストップしている商品 など。

   【芋おこし】
  
 
  理由:製造依頼先が熊本県にあり、現在震災の影響により出荷不可のため。
      ※近日復旧の目途が立ち次第、復活予定です。


 6.8復活しました!ご注文は こちら からどうぞ。

   【たまたまのど飴シリーズ 左から130g 90g 50g】
 130gたまたま金柑のど飴90gたまたま金柑のど飴50gたまたま金柑のど飴  
 
 理由:9月~3月末までの限定製造のため。
    (販売自体は一部行っていますが、在庫数少なめ)

 【130gデコポン】  【白薩摩いも飴】   【カリンのど飴】         【溶岩糖】

 130gデコポンキャンディかりんのど飴溶岩糖

 理由:袋や箱などの資材・元々の製造数が少なく、在庫数が安定してないため。

 

 
90gたまたまのど飴、130g入デコポンキャンディ、噴火糖は弊社工場にて販売中です。
 鹿児島県内であれば、数はそれほど多くありませんが、まれに道の駅やお土産コーナーなどで販売されていることもあります。
 
 もし、気になる商品がありましたら、ぜひ弊社までお越しください。 
 在庫が残っていれば、その場で販売出来る場合もございます。

 .。o○
 130gデコポンキャンディ
  こちらの商品は現在リニューアル検討中のため、在庫が少なめになっております。
  同じ商品で少しサイズが小さい「80gデコポンキャンディ」は変わらず販売しておりますので、
  もし宜しければこちらもどうぞよろしくお願い致します。


 








 

2016-05-19 11:16:20

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5